カテゴリ:下着



リフォーム事例集 · 2018/01/11
12歳の女の子…お母さんからの相談です。 <疾患や困りごとの内容> 自己免疫脳炎による腕を上げたり肘を曲げ伸ばしするときの筋肉の緊張が強い。 Tシャツみたいに収縮性のある素材だと、襟元をぐっと引っ張れば何とか腕を通せるが、毎回そのような着せ方をしているので首回りが伸びてしまう。 <製作にあたってのポイント>...

リフォーム事例集 · 2016/09/06
<疾患や困りごとの内容> 紙おむつやパッド交換時のズボンの上げ下げが大変である。 <製作にあたってのポイント> 両方の腰から膝辺りまで縫い目を解き、面ファスナーで開閉できるようにした。

リフォーム事例集 · 2015/10/06
<疾患や困りごとの内容> 四つん這いになった時に襟ぐりから胸が見えるのを何とかしたい。 座った時に背中や下着が見えてしまう。 移乗介助するときに持つウエスト部分の布が解れてきている。 <製作にあたってのポイント> 襟ぐりに別布を継ぎたし襟ぐりを浅くした。 ウエスト部分の縫い目を解き、間に4センチの布を継ぎ足した。...

リフォーム事例集 · 2014/09/06
<疾患や困りごとの内容> 頸椎損傷の男性。会議や式典に参加するためにスーツを着たいが、肩関節および上肢、体幹の可動域に制限があり、伸縮性のある布地の服なら介助による着脱が可能だが、スーツ素材は困難である。介助者(妻)が負担なく着せ替え介助ができるスーツを工夫・改造できないか。 <製作にあたってのポイント>...

リフォーム事例集 · 2013/04/06
<疾患や困りごとの内容> 右麻痺がある86歳の男性。立位バランスが不安定で後方に転倒するリスクが高い。 結婚式に参列したいが、礼服のズボンのファスナーやベルトを自分で締める自信が無い。 <製作にあたってのポイント>...